キッズモデルというお仕事について。質問にお答えします。

娘がキッズモデルになり、ちょくちょく質問を頂く事が増えたので、

こちらでシェアさせて頂きます。

友人からキッズモデルについての質問を良く受けるので、記事にしますね。

友人からの質問はこんな感じ↓

 

「モデル事務所に応募したら合格したの!ちなみに、入会金は27万円。こんなに高い入会金を払って、レッスン料が月に1万5千円でキッズモデルってそんなに儲かるの??どんな風に働いてどれぐらいお給料がもらえるの?」

 

我が家の場合、特待生枠でモデル事務所に所属した為、入会金・レッスン料をお支払いした経緯は無く、毎週1回3カ月みっちりレッスンを受け、静止画用のポージング・演技・ウォーキング・ヘアメイク・スタイリストのお稽古を受けました。

 

我が家の環境は、某大手芸能プロダクションのコンサート等でカメラマンとして活躍している友人の計らいで、3歳から毎年プロカメラマンの指示でポージングを教った経験のお陰でカメラワークは得意でした。

そして、5歳からミュージカルとダンスを習っていた為、ウォーキングや演技については問題なく行えています。

そして、ヘアメイクについては私の得意分野。

 

唯一、スタイリストについて知識がなかった為、スタイリストについてはかなり勉強する事になりました。

学ばなければいけない状況は後になって、過去の自分に感謝する事になるのです。

「あの時に勉強しておいてよかった。ありがとう!自分!!」と。笑?

娘と服の色や形、デザインをキレイに見せるポージング。

大人になったモデルさんにも会えるチャンスは人一倍あります。

 

たくさん自宅で練習したのも良い思い出です。

 

そんな基礎があり、レッスン生の段階からお仕事のお声かけを頂きました。

 

先ほどの回答に答えるならば、キッズモデルが現場で求められる事が「服を良くみせる為なのか?」「CMなどでは商品を良く見せる為なのか?」子供本人が何を求められているかを理解し、ウォーキング・ポージング・演技ができなければ、簡単にお仕事が来るわけではありません。レッスンをしてくださる先生がマネージャーさんである場合は特に『この子を仕事に出して良いか?』を、厳しく見られていると思って頂いて大丈夫だと思います。

 

そして、スケジュールについては、『オープン』といって、なるべく予定を入れずに空けておかなくてはいけません。

クローズは逆でどうしても仕事ができない日をクローズと言います。

 

5〜6年程キッズモデルをされているお母さん数名と仲良くなり、キッズモデルの実情についてお話を伺いましたが、お母さんがお仕事をされている方は稀です。

 

子供のオーディションや本番には必ずお母さんの同行が求められます。

撮影は大人が働く平日の昼間にあるので、学校を休んだり早退しなければなりません。

そして、そこには保護者の付き添いが必要です。

オーディションの合否が前日にしかわからない場合だってあります。

お給料については、事務所との契約次第です。

 

一番最初の質問にもどりますが、お仕事をたくさん取れるお子さんは沢山収入が発生すると思いますが、

お仕事が無い場合ももちろんあります。

 

入会金分のお給料が返ってくる保証はどこにもなく、本人次第という事。

ちなみに、衣装については自腹の場合も多く、衣装代がそこそこかさむイメージです。

 

オーディション前に『ファミリー設定で、リビングでくつろぐ演技を要求します。』と連絡が入れば、リビングにふさわしい恰好で設定の女の子や男の子をお母さんが作り出さなくてはいけないのです。

 

レギュラーといって、服の撮影が毎週入る様なお仕事であれば、お給料も安定し衣装代もかかりません。

全てが一長一短で、レギュラーの場合は、例えばモデルの身長が143cmのさい「150cmの服が着れなくなりました!」という期間まで、毎週毎週撮影があります。

半年以上毎週〇曜日は毎週お仕事。

旅行にすら行けないという事態になったりします。

・子供特有の歯が抜けた。

・アレルギーで目が赤い。

・日焼けしてしまった。

は、プロとして言い訳になりますので、お母さんが全ての責任を負う事になります。

私も何度、冷や汗をかいたことか。。。

 

歯が無くなった場合に備えて、いつでも対応して頂ける歯医者の先生と良好な関係を築いておかなくてはいけませんし、眼科・耳鼻科・内科の先生にどれだけ良くして頂いているか、感謝してもしきれない程です。

歯の仮歯を夕方急に必要になった時は、衛生士の友人5名にひたすら電話を掛けた事を覚えています。友達に助けられてばかりです。友人に感謝です。

 

そして、子供ですが撮影の場合お化粧をします。

だからこそ、子供が使用しても大丈夫な安全なコスメ選びについても学びました。

娘の肌をキレイに保つ為に見つけ出したコスメを販売する事になったのです。

 

これが1年間体験して気付いたキッズモデルの経験です。

撮影は娘にとってすごく楽しい様です。

 

キッズモデルを抱えるまで知らなかった世界が広がっていました。

私が経験した事が、皆様にとって少しでも役に立つことを祈っています。

 

※写真は双子の娘達。