カメラと同時に『モデルの気持ち』も体験し始めています。(UPし忘れていた春頃の記事を今更。笑)

新しく挑戦している事。

 

どうしてもメイクと切り離せないのが写真です。

 

目の前の物と写真に仕上がってきた物の違いの秘密を知りたくて、興味が湧いて仕方ないのです。

なのでカメラを持つ事にしました。

 

まずは行動!

やってみる。

 

私のカメラの先生は、photographerのアラーキーさんを師匠に持つ大御所のY本さん。

平壌オリンピックでは羽生くんを撮影しに行っていました。

 

スケートの中継中は羽生君よりもカメラの先生を探すのに必死。笑

テレビに先生らしき人が写ると、親子で『あー!!』と大喜びしていましたよ。

 

ちっぽけな私が先生のファインダーの中に入った瞬間、絵になるから不思議です。

 

 

 

カメラの設定。

背景の切り取り方。

シャッターを押しながら話す会話。

 

全てに先生特有の技術が詰まっています。

 

マネしようにも完全コピーとはいきませんが、下手は下手なりに先生の技術を吸収したくて仕方がないのです。

 

納得がいくまでメイクして、納得のいくまで写真を撮る。

2019年のフォトコン目標は一人2役です!

 

 

でね、つい最近Y本先生がポロっと言ったんです。

『僕はこんな写真が撮りたいんだ。』ってね。

 

 

色々なモデルさんを前に、シャッターを切り続けていた人が撮りたい写真。

いったいどんな写真だと思いますか??

(正解は、いつかお伝えします。)

 

 

こんな学びのチャンスだらけの有難い環境に感謝しつつ。

置かれている環境に感謝。

自由に動かせてもらえる家族に感謝。

 

さーもっともっと”いまこのとき”を、楽しむぞぉ~♪

明日も楽しい一日にしましょうね♪

コメント