スポーツクライミング、JMSACオリンピック強化選手育成の為の『西日本 選手・スタッフミーティング』に娘が参加させて頂きました。

いっぱいブログに書きたい事があるのに、書ききれないまま過ぎ去っていく今日この頃です。

 

今日はぎりぎり木曜日。

ちゃんと更新できてよかった。ほっ。

 

と、いうことで。

 

先週、私が名古屋駅でメイクアップイベントに参加している間に、娘は選手・スタッフミーティングに行ってきました。

そこで、今回の内容を皆さんにシェアさせてもらおうと思ったので書きますね。

 

選手・スタッフミーティングミーティングではオリンピック選手を育てる為に必要な、アンチドーピング・一流選手を育てる為のブランディングの必要性などについて勉強したそうです。

 

その中から娘が帰宅後、アンチドーピングについて私に問題を出してくれました。

 

娘『さて、問題です。今日はアンチドーピングの勉強をしたんだけど、オリンピック選手は〇〇産の豚肉は食べてはいけません。さて、なぜでしょうか?』

 

私『それはね、成長促進剤を投与されて育ったからじゃない?』と、即答すると。

 

娘『正解!何で分かったの?成長促進剤を与えられて育った豚肉を摂取すると食べた選手がドーピングに引っかかってしまうんだって!!』と、娘がびっくりしていました。

 

我が家は趣味がこうじて、娘が生まれてからの育児休暇中は家庭菜園で無農薬の野菜を育てていた時期もあるのです。

(初期のセミナー受講生さんはご存知ですよね。)

 

口に入れる食品が、どんな影響を及ぼすのか?

顔に塗る化粧品が何でできているのか?

目に入れる、カラーコンタクトがきちんと医師の処方箋によるものなのか?

 

など、なるべく勉強する様にしています。

少しの知恵と意識が未来の貴方の役に立つ日が必ず来るんです。

 

なので、我が家はお肉を買う時も、野菜を買う時も産地と添加物を必ずチェックしています。

 

ただのお肉と言っても、与えられた飼養や育った環境によって味も栄養も違うはず。

キレイ=健康的 です!

前向きな心も、実は食事(栄養)からつくれるんですよ(*^^*)

 

腸は第二の脳と言われる程、感情などに影響を及ぼしているんです。

 

ちなみに、唇に塗るリップクリームは体内に取り込まれてしまいがち。

貴方のリップクリームは、万が一食べてしまっても大丈夫な製品ですか❔

 

もしも、応えがNOならば、安心できるリップクリームを探してみてくださいね!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます☺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント