挑戦していれば必ず良い事がある。コシノジュンコさんのショーに向けての準備に入らせて頂きました。

JUGEMテーマ:ヘアメイク

みんさんこんばんは!

 

昨日・今日と大きな台風に見舞われ、お客様が安心して夜を迎えられているか心配している今日この頃です。

 

みなさん、台風の影響はありませんでしたか?大丈夫ですか?

 

 

さて、先週はデザイナーのコシノジュンコさんのショーの準備に参加してきました。

一連のヘアパーツの作製から、ショーでのメイクデモンストレーションまで様々な手合わせを行いました。

 

急に、コシノジュンコさんの名前が上がってびっくりされた方がいるかもしれません。

その経緯を今日はブログに書いておこうと思います。

 

私、2018年の9月からセットを専門とした美容院に週に数日勤務し始めました。

やはり、何事も実地での勤務や経験というのが上達の早道。

 

セットサロンは人で不足というのもあり、即採用となりましたが、、、

コテすら上手に巻く事が出来ないレベルの私は、周りの方に沢山ご迷惑をおかけしました。

 

はっきり言って、役立たず。

そして、20分以内にセットを完成させるという難易度。

最初からうまくいくはずもなく、、、苦労の連続。

『肩身の狭い思い。』というのはまさしくこの事です。

 

振り返れば、優しく教えてくださる方がいたお陰で、今日もセットサロンを続けられています。

(加藤さん・佐藤さん・金森さん、ありがとう。)

 

中には、少しいじわるな方ももちろんいます。

こっそり泣いた日もありました。笑 (もちろん、本気で車の中で泣きながら帰ってました。)

昔も私もそうでした!なーんて優しい声をかけてくださる人に恵まれ、支えられる。

それは、どの世界でもある事だと思います。

 

なので、私はいじわるな人に出会ったら、キッパリと距離を置く事にしています。

そして、二度と近づかない!笑

徹底してお付き合いができない様に努めてます。笑

 

いじわるな人に囚われて過ごしても一日。

優しく素敵な方と過ごしても一日。

 

逆に、どうやって恩返しすれば良いのかな?なーんて日々考えてしまう程、優しくしてくださる人には、

食事にいったり、一緒に技術向上セミナーに参加したり、何か役立つ情報があれば共有したりと、お互いを高めあえる環境を作っています。

 

話は少しそれますが、私の生徒さんの中に人間関係で悩んでいる方が多くみえます。

時間って貴重だから、わざわざ一緒にいて楽しくない人と過ごす必要はないと思って大丈夫だと思います!

 

嫌な事から、ただ逃げ続けるのは良くないですが、

向上心の妨害をしてくる人には距離を持って正解だと思います。

 

話しをヘアセットに戻しましょう。

セットサロンで四苦八苦している日々が少し過ぎた頃、自分のセット技術にいやけがさして「お客さんに、申し訳ない。

もっとキレイにしたい。もっともっと可愛くしたい!」という気持ちが強くなりました。

 

壁にぶつかって、悩んだら、まず行動します。

現状の悩みについて、コンテストで日本一位に輝いている美容師さんに相談。

 

セットの基本を教えてくれる塾があるという情報を頂いたので、締め切り2日前に残り一枠と聞いてすぐに入る事を決めました。

 

その名も『上田塾』。

 

トップサロンの経営者たちが肩を並べながら、セットを学ぶ塾。

私は『普通のセットサロン』で通用するレベルを必要としていたはずが、、、ある意味で色んな部分をすっ飛ばして、

超クリエイティブで、超ハイレベルな仲間入りを果たしてしまったのです。。。

 

初日、髪について無知すぎる私は冷や汗をかきながら、多すぎる情報と、求められる技術の高さに唖然としながら、

セミナーの内容に対して一生懸命取組ました。

もちろん、この日も出来ない(レベル高いんだから当たり前といえば当たり前。だけど、心のどこかでデキル自分のイメージがあったので、悔しくて悔しくて。)泣きながら奈良県から三重に帰ってきたわけですが、、、『次回こそ上手くなってやる!』

という強い信念を持って、毎月休まずに通い続けました。

 

この塾は10回コースです。

11月にディプロマ(卒業証書)をもらって卒業。

 

10月に入り、先生から入塾生に対して打診がありました。

 

上田塾の代表『上田美江子先生』は、アンミカさんのパリコレ学でおなじみ、

コシノジュンコ先生のヘアメイクチームを代表する方です。

 

※上田先生のfb引用です↓

https://www.facebook.com/mieko.ueda

 

先日のパリコレ学の放送でも、【日本を代表するヘアメイクチーム】と紹介されるほど。

そんな先生から、ショーのバックステージに入りませんか?

との打診があったのです。

 

残念な事に福島でのショーが今回の台風で中止になってしまったので、本番には参加できませんでしたが、

上田塾と事前準備や手合わせ(ショーで実際にする作業のチェック)から、貴重な体験をさせて頂きました。

 

そして、挑戦した先で日本中にできる仲間や恩師がどんどん増え、充実した日々を過ごしています。

ちなみに、琳派(盆栽ヘア)を付けて、パリコレ学でおなじみメイクのメイクデモモデルをした記念の私です。笑

 

 

今回はパリコレ学と同じ、【ビシッとシニョン】がテーマ。

子育ての傍ら、私のシニョン作りに協力してくれた亜希と娘、私の行く先々で練習の協力をしてくれた方に感謝です。

 

それでは、皆様も素敵な一日を!

コメント