肌の老化の原因について。

※注意:ブログをコピペでお引越ししています。

皆さんに、たくさん伝えたい事があるので、なるべくブログを更新していきたいと思います。

さて、みなさん肌の老化の原因をご存知でしょうか?

肌は紫外線の影響によって老化します。

そして、化学薬品も紫外線により劣化します。

時間が経って、品質が変わる事を『経時変化』と言います。

※『経時変化』についても後ほど触れていきますね。とっても大切な事なので。

紫外線の話に戻りましょう。

この季節、必ずと言っていいほど様々なブランドの日焼け止めが販売されますね。

私の肌は特定の日焼け止めを塗ると炎症を起こしてしまうんです。

痒みがでると、とても辛い。

しかし、昨今では食物アレルギーに花粉症・金属アレルギーなどたくさんの炎症反応に困っている方が多いと思います。

なので、少しでもお肌に負担がない商品を選ぶ知識を持って頂けたらと思います。

よかったら参考にしてください。

まず、日焼け止めには『紫外線吸収剤』と『紫外線散乱剤』が含まれています。

紫外線吸収剤には、紫外線を熱など他のエネルギーに交換する働きを持ち、紫外線散乱剤は、紫外線自体を反射する働きを持っています。

紫外線吸収剤はエネルギー交換の際に、肌に負担がかかりアレルギー反応を起こす方がいます。私もこのタイプ。

ですので、紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止めには『ケミカルフリー』と記載されています。肌が少し弱いと感じている方はケミカルフリーと書かれている物を選ばれると良いかと思います。

あ、思ったより文章が長くなってしまいました。

次のページでシミとシワの原因についても書いていきたいと思います。

経時変化についても後々触れていきますよ。

明日も素敵な一日を!

-----
コメント