『たまたまです!』の神様と、『たまたまだと思います!』の神様。

先日、仕事中にアイブローシザーを落としてしまった中野です。

 

大事な道具を落としてしまうなんて!と、ちょっぴり凹んで見たところ、カーブになっている先が曲がってしまっているではないですか。( ;∀;)

 

そんなタイムリーな状況でフォトコンテストの特別賞の賞状?が届いた折、副賞にアイブローシザーを頂いたんです。

 

 

誰が見ていたんだろう?と思う程のタイミング。本当にありがたい。

 

嬉しくって、アイブローシザーを見るたびにお仕事を頑張れてしまいます。

 

 

先日、私の心の師匠が言いました。

 

【打ちひしがれている時に援助してくれた友達を、失望させる様な事は断じて行ってはいけません。】

 

困った時、孤独な時など、人生には打ちひしがれる事が起こります。

 

必要とした時、そばにいてくれた誠実な友達を、私は一生忘れません。

 

いつか、倍返しですからね。

 

 

ピンチといえば、、、6年前、育児をしながら働くという摩擦の中で、私をピンチから救ってくれた人がいるんです。

 

その人と私は、擦り切れてしまいそうな心境の中、私は『メイクアップアーティストになりたい。』彼女は『漫画家になりたい。』と、将来を語り合いました。

 

現在彼女は、夢を叶え【有言実行】で漫画家の登竜門である、少年ジャンプの第2回連載グランプリ獲得作品の中から、グランプリを受賞。ついに今秋デビューを果たしました。

 

私は彼女に助けられた恩を、どんな風にお返しができるか?今も時々考えています。

 

よかったら、彼女の漫画を読んでみてくださいね!

貼っておきますね。

 

https://rookie.shonenjump.com/users/1609047349018146554

 

さっ、今年も残す所1カ月。

 

ブログに書ききれない程たくさんのご縁を頂き、感謝が溢れ出しそうです。

 

みなさんも、素敵な年末をお過ごしください!

 

 

ハッピークリスマ~ス♬

 

まちゼミ2017 四日市 に参加して。とても嬉しい再会がありました。

こんにちは。

気ままに書いているブログですが、一時的に270名もの方に読まれているので驚いています。

 

愛読くださっている方に心からお礼申し上げます。

 

今日は、1カ月程前に『まちゼミ 四日市』に参加させて頂いた際にとても嬉しい再会があったんです。

四日市商工会議所様よりお声掛けを頂いて。

5万枚もの広告を出させて頂けるとの事だったので、せっかくならいつもお世話になっている、昭和着物館の井澤先生の宣伝もかねて【まちゼミに参加してみよう!】という事でトライしました。

 

そしたら、ビックリ。

来てくださった方の中から『運命感じてしまったわ!お母さん。』とメッセージをくださったのは、娘の保育園時代の担任の先生。

 

こんな所で再会できると思っていませんでしたから、とても嬉しかったです。

 

しかも、繋いでくださった方がメイクセミナーの受講生様。

けっちゃん様ありがとうございます。

 

担任の先生以外にも、東京からお友達をお誘いしてくださったりと、とってもあいりがたいけっちゃん様。

まちゼミを企画されている、四日市商工会議所担当者様が『東京から受講された方がみえたんですか!?』と、

とても驚いていました。

 

まちゼミ開催以来、初東京からの参加という事で伝説となりました。笑

けっちゃん様、伝説を作りましたよ!!

 

話は保育園の先生に戻ります。

 

先生にはとーってもお世話になりました。

娘が4歳ぐらいかな?

保育園のホールの前にあった鉄筋の支柱を床から天井まで娘2号が「登る。」と言い出した事があるんです。

その頃、先生方はやりたい事を全力で見守ってくれました。

 

毎日毎日天井に向かって登ります。

最初は何も敷かれていなかったコンクリートの床に、体育館用のマットが敷かれ、

娘の登る距離が高くなればなるほど、マットの上にお布団が敷かれ、マットとお布団の上にクッションが置かれ、

高い所から落ちても、ケガをしない様にそっと対策をしてくれていました。

 

けっして、辞めさせず。

私がお迎えに行くと当時の担任の先生が『今日は○○ちゃんが一日中登っていたから、足の裏にガンバリマメ(水ぶくれをガンバリマメとあの頃は呼んでいた。)が6つもできたんですよ~。やっと真ん中くらいまで登れるようになったんです!!凄いでしょ~もーちょっとで天井までたどり着けそうです!』って、喜びながら教えてくれました。

 

今の時代では考えられないかもしれません。

一日中ずーっと登らせて頂いてたみたいです。笑

 

でね、ある日私がお迎えに行くと、色んな先生から『お母さん!!早く教室の○○先生の所へ行ってくださーい!!』って、

言われて。もしかして?と、思ったら。

 

すっごい笑顔で『お母さん、今日ついに○○ちゃんが天井まで登れたんですよぉ~!!』って。

子供達、先生方、園長先生まで喜んでくださって。

娘2号が誇らしげでした。

 

やり遂げるまで諦めない環境に置かせてもらえるってありがたいなぁ~って。

その時、心から先生方に感謝したんです。

娘はその時の経験が今に繋がっている。

 

今では『クライミング』という競技で、自分が満足がいくまで登っています。

 

で、先生ともしクライミングでオリンピックに出る様な選手になったら、このエピソードをネタにしましょうね~!

って約束をしてメイクセミナーを後にしました。

 

約10年近く前のエピソードですが、心に刻んだ大切な風景です。

 

先生、娘の担任の先生でありがとうございました。

 

もちろん次の日、別の子がチャレンジして怪我をしてはいけないという事で、

思い出の支柱には『落ちると危ないので登らないでね!』の表示がしてありました。

 

そんな感じで、年末年始は保育園時代の先生方や同級生の親子みんなで同窓会が開かれそうな予感です♡

 

感謝の気持ちをこめて、保育士さんに向けたメイクセミナーをやりたいなぁ~♪

 

 

 

 

 

フォトコンテストに入賞させて頂いたので、お礼の気持ちを込めて伊勢神宮へ。

先日、メイクフォトコンテストに入賞させて頂きました。

 

作品はこちらに載せて頂いています↓

http://www.utowa.co.jp/

 

 

沢山のお祝いのメッセージとお食事のお誘いを頂き、心から感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

1人でも応援してくださる方が増えると、嬉しいですね。

 

 

 

10月の終わり頃から、たまたま友人が『先日の撮影のお礼も兼ねて山本カメラマンと伊勢神宮へ行きたい!』と、

言っていたので、11月9日は伊勢神宮に集合する約束をしていたんです。

 

11月6日にフォトコンテストの発表があり、さっそく9日にお礼ができるなぁ~と、本日は伊勢神宮へ行ってきました。

 

実は、コンテストの撮影場所は伊勢神宮内にある大きな木の前で行ったのです。

グットタイミング!

 

フォトコンテストの時のカメラマンさんと別の、山本カメラマンもご一緒させて頂いたので素敵な写真まで頂きました。

 

 

 

写真が素敵なので神秘的!

 

と、思うかもしれませんが。。。

 

写る人が田舎育ちが故、魚がいたら手の中に捕まえたくなっている図です。笑

 

伊勢神宮付近の山や銀杏並木は、ほんの少しだけ紅葉が始っていましたよ。

みなさんも足を運ばれてはいかがでしょうか?

 

 

未熟な私には、たくさんたくさんやるべき事があります。

一つ評価して頂いても、中身は空っぽ。できない事だらけ。

焦らずひとつずつ、大木の年輪の様に自分自身を重ね育てていこうと思います。

 

昨日は新しい案件で弁護士さんとの打ち合わせでした。三重県の方って本当に優しい。

帰りの車で、嬉しくて涙が浮かぶ程でした。(トラブルでは無いですよ!笑)

 

心優しい素敵な方にご縁を繋いで頂ける事に感謝しつつ。

 

まだ技術も才能も無い者ですが、プロと胸を張れる日を目指して

Never ever give up‼

 

好日山荘おとな女子登山部のすかちゃんが、結婚式の写真を送ってくれました♪

嬉しい便りが届きました。

 

約1年前にメイクセミナーを受講してくれたスカちゃんが、結婚式の写真を送ってくれました♪

 

 

「教えるは学ぶ。」を実践する為、メイクセミナーをスタート。

 

初期メンバーの一人、スカちゃんがご結婚され、式での写真を送ってくださいました。

 

彼女に「なぜメイクを学ぶ必要があるの?」と質問すると、当時こう言いました。

 

「日頃ほとんどメイクしないので、もっとセルフメイクができる様になりたいです。そして、結婚式をする日が来たら自分でメイクやりたいです!!」と。

 

私の心境は、『ブライダルまでセルフメイクする時代が来るんだ!?』と、はっとしたんです。

 

昨今は多様化が進んでいると言われていますが、メイク一つとっても需要はさまざまな。

 

彼女は自分の設定した目標を本当に達成し、日々の生活にメイクにも取り入れてくれています。

 

旦那さんと嬉しそうに話す姿がなんともほほえましい彼女。

 

彼女の気配り、思いやり、見習う事がいっぱいなんですよ。

 

そして、愛されキャラ。どこに紹介しても愛される。

 

そんなスカちゃんが大活躍している某登山部はこちら↓

 

https://www.kojitusanso.jp/otonajoshi/

 

あの時、山メイクについても必死に考えたな~。懐かしい(^^♪

 

 

 

メイクセミナーを通じて、ご縁が広がる事を心から感謝します。

 

スカちゃん、幸せのご報告ありがとう♪

 

 

多様化するニーズに対応できる様、日々勉強です。

 

明日は取材。そんな日は「特別ケア」と「毛穴が引き締まっている人の共通点」。

明日はシューティングの日。

 

ソムリエ・プロモデル3人・某メディアで活躍している眼科助手。

と、撮られたい人と撮りたい人が寄り集まってシューティング。

 

プロでない方も、カメラマンさんが大ベテランなので、上手にポーズの指示をもらって動いてくださるんです。

 

撮るところに立ち会うのは大好きですが、撮られるのは苦手。

 

ただ、カメラマンさんと過ごす時間が長いと、終わった事に撮られていたってなっちゃう。笑

 

さらに、明日は私ごときに取材をしてくださる方がみえるのであら大変。

今日はパックをしてから眠る事に。

 

使用パックはこちら↓

 

 

化粧品業界ではOEMというシステムがあって同じ出どころでも価格や美容液の量がすくなかったりとさまざま。

 

私はこのパックを冷蔵庫で冷やして、いざっという日の前日に使用していますよ。

購入されたい方がたくさんいたら、通販サイトに反映させようかな?っと思っています。

 

この時期ピリピリして困っている方がたくさんみえますよね。

 

保湿、たっぷりしてあげてください。

 

 

それと、毛穴の広がりが私のコンプレックスなんです。

母も毛穴が広い肌なので、シワにはなりにくいのですが...

 

沢山メイクさせて頂いて、毛穴がキュッとしている方は必ずアイシング美容をされています。

お風呂上りに顔をお水で洗ったり、アイスノンで冷やしたり。

パックを冷蔵庫で冷やしてから使ったり。

 

お金がかからないので試してみてくださいね!

 

皆様のトラブル解消の役に立ちます様に♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

HPやっと完成しました!たくさんの方にサポート&フォロー頂き完成しました。

こんばんは。

 

やっとHPが完成しましたー。ほっ。

 

ちょっと寂しい様な・・・HPの立ち上げで毎日連絡とっていた方とのやり取りが減るだろうから寂しいな。とか。

やり切って嬉しい様な・・・大変な事があった分、すがすがしい気分です。

 

色々あったな~。

 

今回のHP立ち上げに際して、たくさんの学びがありました。

実はこんな事をしていたんです。

 

々餡藩住擦虜梁鬚鯆困、HPを立ち上げる事になりました。(要望があれば詳細は後ほど。)

アイデアを下さったSMGの菅原さんならびに、

申請書についてのノウハウを下さったMuGiカフェの保田さん、ありがとうございました。

 

⊂工会議所所属となり、市の関連する事業に関われる様になりました。

(井高さんのお陰で、今があります。ありがとうございました。)

 

K紳膤悗龍擬から、経営戦略の立て方・事業拡大についてのノウハウを学ぶ機会をもてました。

(すごくダンディーで素敵な教授なんですよ~。お礼をしないと。)

 

SEOについても学びました。

(これもすごく良い学びでした。株式会社ファーストの嶋田さんありがとうございました。)

HP作製依頼はこちらをオススメします。

 

https://www.firstinc.jp/

 

ィ硲个砲魯蹈瓦必要という事を後で知りました。

ロゴをデザイン・考案してくれた、漫画家みつちよ丸。(少年ジャンプ及びジャンプ+で活躍する漫画家です。)

デザインをHP用に最適化してくれた、葛西博実さん。

FLORAISONのロゴはOに横棒が入っている様にみえます。

これが、後々大きな意味を持つのです。

 

 

美智子&博実さんありがとう。

きっと、何十年後は2017年に起きた出来事をお酒のつまみにしていると思います。

 

Ρ秦業界について学ぶ必要もありました。

(某美人ママ様、ありがとうございました。平日昼間に女子会やりましょう♡)

 

通販第一号のお客様になってくれたスカちゃん。大阪からありがとう。

 

┐呂ぁ▲ープンおめでとう!ってサプライズでケーキを買ってきたアナタ。

何気ない言葉と優しさにいつも包まれています。私、頑張るからね~!

 

そしてまた一つ、大きなご縁を頂きまして。

メイクには不可欠な知識。ここ数カ月はカメラの勉強をたっぷりする事になりました。

物撮り・ポートレート両方学んでいます。

カメラの先生は化粧品メーカーのマッ〇ス〇ァクターでカメラマンをされていた方。

もっと他の肩書を聞いたらびっくりするかもしれません。

カメラの先生から学び、HPの写真は全て自分で撮影を行っています。

自分の手も、右手を写す為に左手でシャッターを押している。笑

 

1つ何か新しい事にチャレンジする時、全てお金を払って誰かにお願いすればサービスを買う事になるのでとっても楽です。

ですが、全て自分の手で実行し、完成まで持って行けた事は経験と知識という財産になりました。

そして何より、全てに人と人との関わりが存在し、今後もご縁を続けてくださるであろう素敵な方々ばかりです。

 

皆様に、こころからお礼申し上げます。

 

カメラの先生が言いました。

『自然に振る舞い、必要とされた時に平素の勉強の成果を引き出せてこそプロたる所存(ゆえん)。』と。

そう振舞える様に努めていきたいと思います。

 

出会い、育ててくれた全て方に心からお礼とご報告とさせて頂きます。

 

最後に、恩師であります橋本先生に心からの感謝を込めて。

何倍ものお礼の気持ちが届く様、今後も精進していきます。

 

2017年11月1日 FLORAISON ひっそりとオープン致しました。

サイトはグーグルの巡回が完了した頃にブログにも貼り付けます。

 

頑張ってくれている人を喜ばせたくて。某有名大将がいるお店編。『期待以上の仕事』を学んだ日。

ここ最近、大切な人をこっそり連れて行くお店があるんです。
メニューも看板もないお店。

三重県で一番美味しい(全国的にも相当上位だと思います。)と言われ、たくさんお客さんが来てしまい「常連さんが窮屈になったから。」と、わざわざ常連さんの為にお店を建てなおし、現在は看板もメニューも無しで営むお店があるんです。
(大将いわく一見さんはお断りなんだって。)

そんな大将を大好きになってしまった私は、お寿司以外は怖くて注文できないけれど。笑
お世話になった方を喜ばせたくて、ひっそり通っています。
日本中からいっぱい有名人が来てるお店なんですよ。
事前に大将に電話を入れて『今日はHPと通販サイトの開設でお世話になった方に、大将の美味しいお寿司をご馳走したいからカウンターを空けといてくださ〜い!』と、伝えてから伺うと、その日は席まで決められていました。笑
お店の風格にプログラマーさんが怯みそうになっていましたが、
そーっと扉を開けると、大将から「お前はこっち。」「あんたはそっち」と指示されるがカウンターの席につき。。。。
大将が私に向かって「そのおっちゃんの隣に座ったって!」
私「は〜い♬」お隣に座った方はとっても楽しくて面白い方でした。
電話を入れてから来たので、大将が事前に連絡頂いたのでしょうか?笑
お隣さん「今日はなんで来たんや?」

私「この人にめちゃめちゃお世話になったから大将の美味しいお寿司でおもてなししたかったんですよ〜。」

大将がどや顔で「ほらみろ〜。やっぱり俺の寿司は美味しいんや〜あんたは何のネタが好きなんや?」

私「ここのお店は全部美味しいんです。特に、あ・な・ごがめっちゃ好きなんです!!」

大将「ほれ〜コイツわかっとるやろ〜。あなごもなー、セット用のあなごと、カウンター用とで寿司のネタも違うんやぞ〜!」
私、セットをカウンターで頂いている。いいのかな?(;´・ω・)(;´・ω・)(;´・ω・)ドキドキ。
お隣さん「カウンター用は食った事ないやろ〜」

私「怖くて頼めないですよ〜笑」カウンターでセットのお寿司を食べちゃってるしな。汗
(カウンターの目の前には足を広げると1メートルくらいありそうなタラバガニが生け簀に入っています。)
で、お隣さん「おごったるから食べなさい。本当にええもん食べてないとええもんは分からんからなぁー」
(このセリフ、私の周りの方がよく言うセリフ。)
出てきたアナゴを口に入れた瞬間、倒れそうになりました。
たぶん、私もプログラマーさんも白目になっていたと思います。
お礼がしたくて連れてきたプログラマーさんをチラ見。
プログラマー「あ〜。なんなんですかねぇ〜。こんなん食べた事ないなー。セットのお寿司も今までで一番美味しいお寿司やのに、カウンター用のを口に入れた瞬間、お店に入るところからもう一回やり直したいです〜( ;∀;)幸せすぎて死んでしまったらどうしよう!?」
と、幸せ&感動でめっちゃいい笑顔をしてました。
その顔を見た瞬間ね、きたかいあったなぁ〜。
プログラマーさんがめーっちゃ喜んでくれてよかったなぁ〜。
凄く嬉しかったんです。
大将ありがとう。おっちゃんありがとう。
2人からのサプライズに心から感謝しました。
でもね、お隣さんの破壊力は続きます。
「マツタケ食べたか?土瓶蒸し食べやな秋にならんぞー。頼んだろ。大将!土瓶蒸しも2個追加!」
てな具合で、大将を囲んでカウンターであっという間に2時間。
お隣さん「またおいで。寿司の後は女子二人は甘いの食べに行くやろ。そろそろ帰り。俺が全部お勘定しといたるで!」
私「えぇ!?私がプログラマーさんにご馳走しようと思って来たのに!?」
お隣さん笑顔で「なんも心配いらんで帰りなさい♬」
お隣さんの話が面白くて面白くてケラケラ笑って、出口のドアを開けた瞬間。
お隣さんが「大将ーーー!あの二人無銭飲食ですっ!!」
私「こらー!!」
最後まで笑かされて帰ってきました。
三重県は本当に優しい人が多い地域なんです。
三重県大好き。
私が喜ばそうと計画したのにも関わらず、大将の策略なのか?お隣さんの計らいなのか?
結果、女子2人でめちゃめちゃ喜んで帰ってきましたとさ。
ちゃんちゃん♪
HP開設に伴いご協力いただいた方々に心から感謝します。
11月1日にやっとやっとHPオープンです♪

化学メーカーで働いていた知識を活かして、物質の経時変化のお話し。古いコスメの取り扱いについて。

化粧品の化は化学の化です。

化学薬品という物には、必ず使用期限があります。

『ライフ』といって、品質が保たれる期間が定められており、その期間を過ぎると廃棄処分されます。

 

食品で例えるならば、消費期限です。

ちなみに、賞味期限はおいしく食べられる期間。

消費期限とは、安心して食べられる期間をさしますね。

 

物質は酸素と結合し、継時変化を起こします。

バターも酸素にふれた部分が酸化し変色しますよね?

化粧品も油を多く含むリキッドファンデーションなどは、製造直後のなるべく新しいコスメを購入して頂きたいなぁ〜と思っています。

 

ちなみに、コスメ検定1級で勉強したコスメの期限についてのプチ知識。

 

コスメの使用期限は、

開封前は3年。開封後は1年以内となっています。

 

みなさん、購入して何年も経った古いコスメをポーチに入れていませんか?

 

先日のポートフォリオのモデルさんが、

「アイシャドウを塗ると午後からかゆくなって荒れるの!!」と言うのです。

 

私が「アイシャドウもしかして古かったりしない?」と聞くと、

Mちゃん「5年ぐらい前から使っているきがする。」と、言っていたのに驚きました。

 

古すぎるコスメはトラブルの原因になります。

 

Mちゃんに、アイシャドウの買い替えと、下地を新しくする様にアドバイスさせて頂きました。

 

沢山の方の肌トラブルを見させて頂いていると、下地やアイライナー・アイシャドウがトラブルの原因になっている場合が非常に高いです。

 

下地の日焼け止めについては、紫外線吸収剤から紫外線反射剤を使用している物にチェンジされるとアレルギーが改善される場合があります。紫外線吸収剤は吸収した紫外線を熱に交換する働きがあるので、アレルギーを誘発しやすいのです。

 

このブログを読んだ方は、肌トラブルを起こす前に、トラブルのきっかけとなりやすい【古すぎるコスメ】を一つ、処分して頂けたらと思います。

 

ポーチの中で、知らぬ間に古くなっている物ありませんか?

 

FULORAISONでは、化粧品に限らず通販で使用する段ボールについても、段ボールの製造からのライフを決めて運営しております。

段ボールは紙でできているという特性上、約1〜2年以上経過するとダニが湧いてしまう危険があるそうです。

弊社では段ボールの保管期間が1年以下となる様、規格・管理徹底を行っています。

 

お客様の大切な化粧品を守る為、出荷用の段ボールも必要枚数に応じて小ロット発注対応させて頂いています。

段ボール専用のアドバイザーもいるんですよ。(ご存知の方も多いと思いますが。そう、あの方。)

 

先日、お客様より「通販サイトまだですか?」と、メッセージ頂き、とっても嬉しくなりました。

 

すでに、メッセージ頂いている方には、通信販売のサイト完成前から販売を行っております。

通販サイトオープンまでもう少しです。

 

お待たせしてごめんなさい。

もう少々お待ちくださいませ。

日々、勉強中です。

 

来週は、200万部販売の某紙面にメイク作品が採用されてしまったお話し。そろそろ公開できるかな?

忘れた頃に出来上がってくるので、ついご報告を忘れがちです。

 

それでは、今週もあと少し。

 

 

HERMESてしごと展と、Aちゃんの進化が止まらない件。

先日、エルメスのてしごと展へ行ってきました。

その前に、てしごと展へのきっかけを書こうと思います。

 

町内で仲良しなAちゃん。彼女は私の4つ年上。

今年は子供会の役員を私が会長。彼女が副会長で努めさせて頂いています。

 

去年は別の役員の会長をAちゃん。私が副会長でタッグを組んでいたんです。

子育て中のママさんには、よくある話だと思いますが。

 

役員を一緒にやると、仲良くなるか。喧嘩するか。二択だと思うんです。

有難い事に、年下の私を包み込む感じでAちゃんとは息がピッタリ。

 

去年のAちゃんは色んな不遇が重なり、落ち込みまくっていました。

 

役員の相談半分、人生相談半分。

いつも相談の場所は温泉につかりながら、人生相談にのってきました。

 

でね、私には自分のビジョンが比較的にしっかりあるので、あまり人の影響は受けません。

時間が何よりもの資産だと思っているからなおさら。

必要の無い事に時間を割いていれば、自分の目標も達成し辛くなってしまいます。

 

そんな時、Aちゃんにやりたい事ができました。

Aちゃんは言うんでうす。「どうしよう?何から始めればいいんだろう?」って。

私「Aちゃんの目標は、どの人なら叶えられるのかな?」

 

Aちゃん「社長さん(とある有名靴会社)なら叶えられるよね。」

(その頃のAちゃんは、シューフィッターになりたと語っていました。)

私?「じゃあ、ダメ元でもアポとればいいじゃん。」

 

Aちゃん「えぇ〜!?そんなの電話なんて無理だよ。」

私「じゃあ、チャレンジしてないけど諦める?」

 

Aちゃん「ひろえちゃんなら電話する?」

私「私だったらメールしてみる。だって、やりたい事をやらずにおばあちゃんになったら自分の人生を悔やむもん。出来る人とできない人の差は、行動するかしないかの小さな差だと思ってる。運が良いとか悪いとかではなく、行動するかしないか。」

 

Aちゃん「えーーーー。」

私「今日、電話したらずっと人生相談にものるよ。けど、行動しないなら相談にのるのもやめる。」

Aちゃん「じゃあ、1回だけ電話する。」

 

そんな会話を経て、次の日にAちゃんがびっくりするくらい元気な声で、

「就職先が決まっちゃった!ひろえちゃんのおかげだよ!!」と、電話してきてくれたんです。

 

そんな日から約1年。彼女は某有名百貨店で販売員をしながら靴や足の構造・靴に使われる革などの勉強をスタートしたのです。

そう、直接話した社長さんに見出され、彼女は活躍しているんです。

 

靴以外の分野も日夜研究し、私に『ヘルメスてしごと展』へ行こうと誘ってくれたのです。

 

3日間のフランス人カメラマンさんとの同行直後だったので、フランス人の方とのコミニュケーションに

【動じないハート】が育ってしまった。偶然にも仲良くなったスタッフさんの名はカメルさん。

「13時半からイベントあるから見においで〜」と、おっしゃるので行ってみると。

 

カメルさん、中央でプレゼンしているではありませんか。

 

カメルさんはエルメスパリスのスタッフ部門。

スポックスマン(スポックスマンとはプレゼンターやスピーカーの事)だったんです。

 

スピーチタイムも終了し、スカーフが凄くキレイだったので見入っていると、「スカーフ触りなよ!一緒に写真撮ろうよ!」と気さくに話しかけてくれるではありませんか。

 

で、私が「あの甲冑柄のスカーフすごくキレイですね!」とつたない英語で話すと「プレゼントしようか?」と言うのです。

f:id:floraison-makeup-hiroe:20171005163727j:plain

フランス流のジョーク?エルメスのスカーフもらちゃっていいの!?一瞬パニックです。笑

つい、遠慮してしまいました。(遠慮なんてしていちゃいけないんですけどね。)

 

またしても、とっさにジョークに対応できるトーク力が必要だなぁ〜っと一つ賢くなりました。

スカーフは頂いてませんからね(#^^#)

 

なぜ、こんなに詳しくカメルさんの事がわかったか?

 

Aちゃんのお友達のお陰なんです。

最近のAちゃんは、そこら中でお友達を作っては私に色んな事を教えてくれます。

 

そう、一年前にクヨクヨしていた彼女はすでに存在せず。

今では、私が驚くほどの行動力と、決断力でみるみると自己実現しているんです。

 

そして、美しさっは内側から出てくるんだなぁ〜って、

改めて感じました。

 

先週のAちゃん。

 

 

1年前の姿は今はもうありません。笑

 

『行動は、運すら見方につける』気がします。

 

今回、Aちゃんには、ポートフォリオ作りのモデルさんになって頂きました。

メイクのポイントはホクロ・クマ・シミを消し生活感を無くし、頬の高い部分や鼻先にツヤを出し清潔感を出します。

細身の方なので、ふっくら見える様にハイライトを顔全体的に使用しました。

眉毛を整え、凛とした女性像を目指しました。

(鼻がテカったのは私の反省点。次回は修正します。)

 

プロカメラマンさんのトーク力とカメラの腕って凄いな〜って思います。

『ポートフォリオを作製したい。』と目標を語ってから、さまざまな方がご協力くださいます。

ポートフォリオの作製過程が、少しでも誰かの役に立つ様にメイクのポイントも載せていきますね。

 

※最後に、FLORAISONのお客様の中から優先的にポートフォリオの作製にご参加して頂いています。

モデルやってみたいな!とか、撮影にご興味のある方はメッセージくださいませ。

 

さぁ、明日からも頑張りましょう!

 

キッズモデルというお仕事について。質問にお答えします。

娘がキッズモデルになり、ちょくちょく質問を頂く事が増えたので、

こちらでシェアさせて頂きます。

友人からキッズモデルについての質問を良く受けるので、記事にしますね。

友人からの質問はこんな感じ↓

 

「モデル事務所に応募したら合格したの!ちなみに、入会金は27万円。こんなに高い入会金を払って、レッスン料が月に1万5千円でキッズモデルってそんなに儲かるの??どんな風に働いてどれぐらいお給料がもらえるの?」

 

我が家の場合、特待生枠でモデル事務所に所属した為、入会金・レッスン料をお支払いした経緯は無く、毎週1回3カ月みっちりレッスンを受け、静止画用のポージング・演技・ウォーキング・ヘアメイク・スタイリストのお稽古を受けました。

 

我が家の環境は、某大手芸能プロダクションのコンサート等でカメラマンとして活躍している友人の計らいで、3歳から毎年プロカメラマンの指示でポージングを教った経験のお陰でカメラワークは得意でした。

そして、5歳からミュージカルとダンスを習っていた為、ウォーキングや演技については問題なく行えています。

そして、ヘアメイクについては私の得意分野。

 

唯一、スタイリストについて知識がなかった為、スタイリストについてはかなり勉強する事になりました。

学ばなければいけない状況は後になって、過去の自分に感謝する事になるのです。

「あの時に勉強しておいてよかった。ありがとう!自分!!」と。笑?

娘と服の色や形、デザインをキレイに見せるポージング。

大人になったモデルさんにも会えるチャンスは人一倍あります。

 

たくさん自宅で練習したのも良い思い出です。

 

そんな基礎があり、レッスン生の段階からお仕事のお声かけを頂きました。

 

先ほどの回答に答えるならば、キッズモデルが現場で求められる事が「服を良くみせる為なのか?」「CMなどでは商品を良く見せる為なのか?」子供本人が何を求められているかを理解し、ウォーキング・ポージング・演技ができなければ、簡単にお仕事が来るわけではありません。レッスンをしてくださる先生がマネージャーさんである場合は特に『この子を仕事に出して良いか?』を、厳しく見られていると思って頂いて大丈夫だと思います。

 

そして、スケジュールについては、『オープン』といって、なるべく予定を入れずに空けておかなくてはいけません。

クローズは逆でどうしても仕事ができない日をクローズと言います。

 

5〜6年程キッズモデルをされているお母さん数名と仲良くなり、キッズモデルの実情についてお話を伺いましたが、お母さんがお仕事をされている方は稀です。

 

子供のオーディションや本番には必ずお母さんの同行が求められます。

撮影は大人が働く平日の昼間にあるので、学校を休んだり早退しなければなりません。

そして、そこには保護者の付き添いが必要です。

オーディションの合否が前日にしかわからない場合だってあります。

お給料については、事務所との契約次第です。

 

一番最初の質問にもどりますが、お仕事をたくさん取れるお子さんは沢山収入が発生すると思いますが、

お仕事が無い場合ももちろんあります。

 

入会金分のお給料が返ってくる保証はどこにもなく、本人次第という事。

ちなみに、衣装については自腹の場合も多く、衣装代がそこそこかさむイメージです。

 

オーディション前に『ファミリー設定で、リビングでくつろぐ演技を要求します。』と連絡が入れば、リビングにふさわしい恰好で設定の女の子や男の子をお母さんが作り出さなくてはいけないのです。

 

レギュラーといって、服の撮影が毎週入る様なお仕事であれば、お給料も安定し衣装代もかかりません。

全てが一長一短で、レギュラーの場合は、例えばモデルの身長が143cmのさい「150cmの服が着れなくなりました!」という期間まで、毎週毎週撮影があります。

半年以上毎週〇曜日は毎週お仕事。

旅行にすら行けないという事態になったりします。

・子供特有の歯が抜けた。

・アレルギーで目が赤い。

・日焼けしてしまった。

は、プロとして言い訳になりますので、お母さんが全ての責任を負う事になります。

私も何度、冷や汗をかいたことか。。。

 

歯が無くなった場合に備えて、いつでも対応して頂ける歯医者の先生と良好な関係を築いておかなくてはいけませんし、眼科・耳鼻科・内科の先生にどれだけ良くして頂いているか、感謝してもしきれない程です。

歯の仮歯を夕方急に必要になった時は、衛生士の友人5名にひたすら電話を掛けた事を覚えています。友達に助けられてばかりです。友人に感謝です。

 

そして、子供ですが撮影の場合お化粧をします。

だからこそ、子供が使用しても大丈夫な安全なコスメ選びについても学びました。

娘の肌をキレイに保つ為に見つけ出したコスメを販売する事になったのです。

 

これが1年間体験して気付いたキッズモデルの経験です。

撮影は娘にとってすごく楽しい様です。

 

キッズモデルを抱えるまで知らなかった世界が広がっていました。

私が経験した事が、皆様にとって少しでも役に立つことを祈っています。

 

※写真は双子の娘達。