NY ビッグバスツアーに参加してみた!(NYパスを活用)

NYといえば、NYビッグバスツアーが有名ですね。

さぁ、NYの記事もどんどんUPしていきましょう。

私たちが購入したNYパス を5日間申し込みました。

その中で1日だけビッグバスツアーを利用できるんです。

ちょっとややこしい部分があり、私も勘違いをおこしていたのでブログにまとめてみますね!

まず、NYパス売り場兼ビッグバスツアーのチケット購入場所はここ↓の近く。

f:id:floraison-makeup-hiroe:20170907202959j:plain

tktsのお向かいにあります。tktsに行かない様にご注意くださいね。

ビッグバスツアーの仕組みはこんな感じ。

まず、ビッグバスツアーは開始時間が12時ならば...24時間というくくりではなく、利用した日が1日とカウントされます。

だいたいバスの利用可能時間帯が17時前後なので、12時から利用すれば17時までの5時間となります。なので、できれば朝一から利用できる日を選びましょう!

利用人数が多くても少なくても関係なし!

なので、こんな事態がおこります。

ビッグバスツアーを利用する予定の方はしっかり読んでくださいね!

バスの屋上からの景色はNYに来たな〜!と、思わせてくれます。

日本にはない風景なのでちょっぴり感動?

f:id:floraison-makeup-hiroe:20170831192732j:plain

ここからは実際に乗車してみた感想と注意点を載せておきますね。

?まずはマップをご覧ください。貼り付けておきます↓

f:id:floraison-makeup-hiroe:20170831222300j:plain

複数のコースがあるのご覧いただけますか?

混雑時、乗り場のスタート地点?は並べば乗車できますが、観光客が多い季節や時間帯はバスが来ても乗車できない事もしばしば。ご注意ください。

特に帰宅する時間帯。

ホテルが集中するミッドタウンに向けて、ダウンタウンからホテルへ帰る大勢の観光客がビッグバスを利用しようと列をなしています。

最後のバスに乗れないなんて事もありそうです。

(私たちが並んでいた後ろの方から40名ほどが、バスに乗れない事態になっていましたよ。)

?しかも、真夏にも関わらず、エアコンがきかない車両がある為1階席は灼熱。

?家族の中では、30分ほどサウナ状態だったのが忘れられない思い出となりました。小さいお子さんを連れてだと結構キツイと思います。

我が家は小学校の高学年なので、「あつい〜」と、言いながら耐えてくれました。

夕方は涼しくなるので、ビックバス特有の2階の屋根の無い席は涼しかったと思いますが、みなさん快適な環境を求めるので空いていません。( ;∀;)

バスに乗れただけありがたいなぁ〜っという雰囲気です。

もし、日本から来る友人を案内するなら、、、と、考えた場合、「どうしてもオープンスタイルのビッグバスに乗りたい!」と、言わないかぎりウーバー(タクシー)や地下鉄を利用しようと考えています。

2回目はもういいね!

まとめ

・2階席は日焼けします!しっかり日焼け対策を。

・NYは湿度が低いので、気温がほどほどならば風が気持ち良い!

・1階席のエアコンがきくバスときかないバスを見分ける事はできません。

運に任せてください。灼熱のバスに当たる可能性が高いので、無料で配っているウチワは有難くもらってください!ペットボトルを持参して水分補給も忘れずに!汗をかいているけれど、日本みたいに湿度が無いので体はカラカラ。

乾いている事に気づきません。熱中症に注意です!

・観光客の帰宅ラッシュの時間は、並んで待つより地下鉄を利用した方が快適かも。

最後に、帰宅時間帯のバスには乗れない事もあるというのを想定しておきましょう。

楽しい旅の参考にしてみてくださいね!

-----